Welcome Pejihe railway journalist, of blackcat

大阪交通科学館にて撮影
blackcat Photo Office

infomation

鉄道ジャーナリストblackcatこと加藤好啓です。
10年以上にわたって日本国有鉄道の歴史を研究してきました、最近は鉄道歴史と地域活性化、本格的な高齢化社会を迎えて福祉と公共交通の観点から積極的に提言活動等を行っております。

About blackcat

昭和35年6月生まれ
父親が国鉄職員でかつ駅の側に住んでいたことから幼少の頃から汽笛を聞きながら育つ生活を過ごす、国鉄入社を目指すが国鉄改革の新規採用中止の煽りを受けて断念、和歌山県警察、郵政省を経て2005年に退職、2014年から鉄道ジャーナリスト宣言をして活動を開始しました。

お問い合せは。サービス内容のメールフォームからお願いします。


blackcatは、私のセルフブランドです。
このハンドルネームは、私がインターネットを始めた99年から使い続けているもので、鉄道=blackcat、blackcat=加藤好啓ということで、浸透してまいりました。

今後も、このHNを変更する予定はありません。(一部にwhitecatと名乗っているものもありますが、順次アカウントを含めて変更していくこと予定でございます。)

写真の方も、和歌山電鐵の初版「たま」絵葉書の原画を提供するなど、写真を通じて多くの方と触れ合うことが出来ればと思っています。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

鉄道写真家って誰も同じと思っていませんか?


鉄道の熟知した鉄道ジャーナリストだからこそ、撮影できる。若しくは聞きだせる世界があります。
現場の鉄道員の声を引き出せる、イキイキとした表情を引き出せる、それができるジャーナリストであり、写真家として自負しております。
鉄道写真の撮影及び講演のご依頼はぜひ、blackcatこと加藤好啓にお願い致します。